ボトックスエラですっきり美人へ【筋肉の動きを抑制する効果】

サイトメニュー

注意点と利用目的

注射

手軽に安く出来る

エラへのボトックス注射は、手軽に小顔に出来る整形手術の方法として人気がありますが、事前に気をつけておきたい点もいくつかあります。まず挙げられる気をつけておきたい点は、妊娠中は施術が出来ないということであり、これは胎児への影響を考慮したものです。なので施術後に関しても妊娠を避ける必要があるため、施術後3ヵ月程度は避妊を行うことが必要になると言えるでしょう。次に挙げられるのは、ボトックスを注射することでエラ部分の筋肉が収縮してしまうため、食べる動作に疲れを感じる時期があるということです。特に肉類などの硬いものを食べる時に疲れが現れることが多いと言えますが、人によってはほとんど疲れを感じない場合もあると言われています。この食べる動作の疲れは、施術後1週間後から現れて、1〜2週間程度続く場合が多く、それ以降は代わりの筋肉が発達することで改善されていきます。そしてエラへのボトックス注射は、高い年齢で行うと皮膚にたるみが生じる場合があるということも気をつけておく必要があります。10代〜30代まではたるみが生じることはほとんどないとされていますが、40代以降に行うとたるみが生じるリスクがあるため、医師に十分相談した上で行うようにしましょう。さらに注射する薬剤の量が多すぎると、頬がこけたような印象になってしまう場合があるため、この点も注意しておく必要があります。しかし、頬がこけてしまった場合でも、3〜6ヵ月程度すれば薬剤の効果がなくなるため、自然に元に戻すことも可能です。エラへのボトックス注射が利用されるのは、手軽に安く小顔にしたいという目的に適っているからだと言えるでしょう。本格的な小顔治療である骨削りの場合は、メスを使うのはもちろんのこと、顔の骨を直接削ることになるため、かなり大がかりな手術になってしまいますし、心理的なハードルも高くなってしまいます。しかしエラへのボトックス注射であれば、文字通り注射だけの簡単な治療になるため、体への負担も少ないですし、気持ち的にも安心感が高いと言えるでしょう。そして費用面に関しても、本格的な骨削りの場合は100万円以上かかることも珍しくありませんが、ボトックスの場合は5〜10万円程度が相場なのでかなり安く抑えることが出来ます。もちろん、本格的な治療方法のほうが効果は高くなりますが、初心者の場合は、まず手軽に出来る方法を試すのがおすすめです。そしてエラへのボトックス注射の活用方法については、持続期間が限られているため、繰り返し施術を行うことが必要になってきます。効果の持続期間は3〜6ヵ月程度というのが一般的なので、小顔を維持したい場合はその効果が切れる前に再び注射を行う必要があります。しかしボトックス注射は、何度も繰り返しているうちに効果が作用する期間が長くなる特徴があるため、5〜6回程度繰り返すことで半永久的に小顔の状態を維持できるようにすることも可能です。施術を5〜6回程度繰り返すと全体で2年程度の期間が必要になりますが、根気よく続けることで理想の小顔を手に入れることが出来るでしょう。